おすすめ投稿

引越し先探しにとても苦労してしまいました

69000
私はペットを飼っているので、引越し先を探すのにとても苦労しました。
私が引越しを予定していた地域のアパートは、ペット可の物件数が少なく、なかなかいいところが見つけられなかったのです。

日当たりや間取りが気に入ったアパートを見つけられても、家賃が予算オーバーだったり、周辺施設に不満があったりして、納得できる引越し先を見つけ出すまでに1ヶ月近く掛かってしまいました。
けれど、時間と手間を掛けて納得できる引っ越し先を探したおかげで、私もペットも快適な毎日を過ごすことができています。

ペットの足音や鳴き声が周りの部屋に聞こえてしまうことが不安の一つだったのですが、しっかりと防音対策が施されているアパートを選んだので、幸い近隣の住人に迷惑は掛かっていないようです。
もしいい物件が見つけられなかったら、ペットは実家に面倒を見てもらうしかないかなと思っていたので、引越し後も一緒に生活することができて本当に嬉しく思っています。

代替案も出たのですが…

夜間の調べたこと
一戸建てを購入し、夜間に引越すことになった親戚はできだけ引越し費用を抑えようと頑張っていました。
しかし、引越す荷物の中にはピアノもあったため、その運搬費用はそれなりにかかってしまうことになりました。

ただ、ピアノの引越しについてはいろいろあったようです。
夜に引越すための費用の問題もありますが、その大きさも大きな問題になりました。

それなりに大きな一軒家を購入したので、ピアノを置いておく場所がないというわけではありません。
しかし、簡単に夜間には移動できるものではないので、将来的に移動させたいとなった場合、とても厄介になるのではと考えたのです。

夜間の引越しについてはこちらで色々調べてみたんです。
調べたサイト_ 夜に引っ越したい人必見!夜間引っ越しのあれこれ

同じピアノでも、電子ピアノであればもっと軽くてすみます。
自分たちで新居に設置することも可能なので、実家に置いてあるピアノを持って行くのは止めておこうかという話も出ました。

ですが、結局持って行きました。
使うことになる親戚の子が、「今のピアノがいい!」と言ったからです。

そう言われては仕方がないということで持って行くことになりましたが、なかなか大変な引越しになりました。

引越しをお得にするための豆知識

引越しをお得にするための豆知識
これまでに引越しをした事があるという方は多いと思います。
ですが、その際に引越し料金を安くするために何かしたという方は少ないと思います。
もちろん、引越し料金を節約するために引越し業者を利用せずに自分で引越しの荷物を運んだという方はいると思います。
ですが、引越し業者を利用して引越し料金を安くしようとしたという方は少ないと思います。
それはどうしてかというと、これまでは引越し業者を利用して引越し料金を安くする方法を知らなかったという方が多かったからです。
ですが、最近は少し様子が変わってきました。
それはどういう事かというと、最近はインターネットで引越し業者の比較サイトというのが段々増えているというのがあります。
それを利用して引越し料金の無料一括見積もりをしてもらってどこの引越し業者が一番安い料金で引越しを請け負うかを調べる事ができます。
ですから、これまで引越し料金を安くするために引越し業者の比較をした事がないという方は今後はこの手のサイトを利用して引越し料金の節約をされると良いと思います。

引越しの料金を安くしたいなら

引越しの料金を安くしたいなら
引越しをする時に、できるだけ料金を安くしたいと考える人は多いのではないでしょうか。
しかし、その方法がわからずに困ってしまっているという声も多いです。
ですから今回はそんな方のために、引越しの料金を安くするコツについて紹介したいと思います。
まず、やはり引越しを安くすませたいと思った時に大切になってくるのは、業者選びになります。
業者ごとにかなり料金には差がありますから、できるだけ安さに定評のある引越し業者を選ぶようにしましょう。
引越し業者の特徴などは比較サイトを見ればすぐにわかりますから、そういったものを活用するとすぐに見つける事ができるのではないでしょうか。
ただしここで注意をしなくてはいけないのが、いくら安くても口コミがとても悪いというところは避けるという事です。
やはり安さだけで選ぶと後悔する結果になる事も少なくはありませんから、そういった点には十分に注意をして頂きたいと思います。
参考になれば幸いです。

引越しの準備はコツコツと

引越しの準備はコツコツと
引越しは、なかなかの重労働です。
家中のものを別の場所に移動させるわけですから、いくら引越し屋さんに依頼したとしても一日で全てを終わらせるのはとても大変です。
引越しをすることが決まったら、少しずつでも準備をして、当日の負担を減らすことが大切です。
まずは、日常生活でそれほど使わないものから、徐々に箱詰めしていくといいです。
書籍や書類など、他の人にあまり見られたくないものなどから始めるといいかもしれません。
断捨離も同時進行で進めて、荷物を減らすのも重要です。
毎日の生活で必要なキッチン用品などの日用品は、キッチングッズ、バスグッズ、お掃除グッズなど、アイテム別に箱詰めしてわかりやすく表示しておくと、引越し先でもスムーズに取り出せます。
引越しは、準備も片付けもついやり始めると一気にやってしまいたくなりますが、そこは我慢してセーブした方がよいと思います。
私も何度が引越しを経験していますが、ついつい作業し始めると止まらず、ひと段落ついたところで体調を崩してしまうことがよくありました。
準備は早めに始めて、引越し後は楽しみながらゆっくり生活空間を整えていくくらいの気持ちで、くれぐれも無理しすぎないようにして下さい。

引越しの際に要注意な家具・ベット

引越しの際に要注意な家具・ベット
私が実際に1人暮らしをして運ぶのに困ったのがベットです。
木枠でできたしっかりとした造りのベットを使用していたのですが、とにかく大きさがあり引っ越しの見積もりを取った段階で、ベット一つに対する輸送料金が3万円くらいかかってしまうと言われました。
高くなる理由として大きさと、運ぶ際に傷がつかないように段ボールなどで梱包しないといけないから…という事でした。
しかも運ぶ時に手伝う人がいなかったり、運ぶ先が階段でしか無理な場合、作業員が別途必要になり更に料金が追加になるそうです。
さすがに高いと感じたので、近所のリサイクルショップに売ろうと思ったのですが、リサイクルショップなどではベットの引き取りを行っていない所が多く処分に大変困りました。
ちないみにベットは、他人が使用したものを使いたくないと感じる人が多いようで重要がないから引き取らないそうです。
処分をするにも、粗大ごみ処理場まで運んで数千円かかってしまいました。
1人暮らしをされる方で、長い間住む予定がない方は家具の大きさなど運ぶ事も考えた上で購入される事をオススメします。